DIY  DIARY

ドタバタ大工日記

体に優しい発酵食と 滋養豊かなスープにこだわった

ランチのお店 スープカフェ ポノポノ

南郷の瀬田川沿いにオープンしたのが始まりですが・・・

色々あって 2016 年 7 月  にここ(草津市追分南)に移転しました

みんなの助けをかりて 無事 移転オープンすることができた

ポノポノの ドタバタ日記を 紹介します

「お願い!! 筋肉痛にならない程度のことしか頼まないから・・・

新しいお店の内装手伝って~」と

​スタッフに少し控えめなお願いから始まった過酷な三か月!!

事の始まりは、2016 年 のはじめ

旧店舗の前に流れる瀬田川からの風は痛いほど冷たくて・・・

肩をすくめながら お店に向かった日

その日は 月曜日

「昨日の定休日に降った雨 強かったけど お店大丈夫かなぁ~」

なんて ほんの少し心配しながら お店を開けて びっくり!!​

あまりのことに しばらく 立ち尽くしてしまいました・・・

な・な・なんと・・・ 天井が・・・ すごいことに!!

こんな感じ、 こんな感じ だったんです!!

 

なんでも戦前からの建物だということで

以前から 雨の日には 「えっつ? シャワー?」っでいうほどの大量の雨が漏ってくることも・・・

少しの雨でも 店内の天井から 5ヵ所  も  6か所も雨が漏ってきて・・・

バケツに落ちた時の カツ~ン カツ~ン という音の中お客様にお食事をしていただくなんてこともありました

本当に申し訳なかったのですが 優しいお客様ばかりで

「なんだか 昭和の香りがする~」

と笑って許していただいて

​ありがとうございました

そんなわけで その日も 前日の大雨が心配だったのですが・・

まさか こんなことになっているなんて!!

しかも 天井が落ちたこの場所は 窓に向かって瀬田川の眺めを楽しんでいただける 人気のカウンター席だったものだから

もしも これが 営業中だったらと考えると ぞ~っとしました

大急ぎでリフォームしなければと いろいろ動いたのですが・・・

あれやこれや なんでこうも上手くいかないよ!!

と次から次へと 問題発生で とうとう

リフォームしてリニューアルオープンすることを断念しました

・・・・・とっても残念・・・・・

・・・・・みんなで作り上げたお店だったのに・・・・・

でも 仕方ない!!  新しい場所を 探してやる!!

そして 3か月かけて探したのが この場所です

・・・・・この場所にたどり着くまでにも 本当に紆余曲折

   何度も心折れそうになったけれど・・・・・

でも こんな素敵な場所にたどり着くことができて 本当に幸せです!!

 

が しかし・・・ 計画を立てての移転でもなく まったくの貯えがない状態での移転だったものだから・・・

素敵なお店にしたい!!

・・・・・だけど 予算がない・・・・・

こだわったお店にしたい!!

・・・・・だけど・・・やっぱり 予算がない・・・・・

でも

せっかく こんな素敵な店舗見つけたんだから あきらめたくない!!

ん~ ならば 自分たちで作るしかない!!

ということで 最初の

「お願い! 筋肉痛にならない程度のことしか~」の

控えめなお願いに 繋がったのです

本当に 嘘でもなんでもなく

最初は 壁は白色がいいな~ ぐらいの

ほんの小さな望みだけだったのです

本当に 嘘でもなんでもなく

ほんの少しの わがままを通したかっただけ だったのに・・・

まさか こんな大ごとになってしまうなんて・・・

フフフ ごめんねぇ みんな・・・

筋肉痛にならないなんて 大ウソ!!

日々 筋肉痛!  もうヘロヘロ! ベットに入って3秒で熟睡!

来る日も来る日も 9時 ~ 5時まで大工仕事

10㎝ 角のヒノキの木材抱えて 電のこ・ドライバー・塗装にサンダー

お昼の休憩時の会話なんて

「55mmのビスより50mmのビスのほうが・・・」

なんて まさに職人の世界

普段は 本当にきれいな主婦ばかりなんですよ

本当に マダムって感じ・・・

なのに この3か月間といえば・・・

頭から足先まで木屑だらけ! 手のひらはペンキだらけ!

家に帰ったら まず玄関で服脱いで

まるで 泥んこになって帰ってきた子供に

「部屋に入る前に 玄関で服脱ぎなさ~い!

そのまま お風呂に入っちゃいなさ~い!」って感じ

ウフフ 思い出すと笑っちゃう!

ほんと ごめんね 騙すつもりはなかったの

大きな窓と 素敵な色合いの木の床 明るい店内

建物の中を見て 一目惚れして決めました

どんな内装にしようかなぁ~

最初は こんな感じで みんなで レイアウトの相談

 

壁は白色にしたいなぁ~  この時はまだ 壁塗りで終わる予定だったのに・・・

無計画な私の性格を知り尽くしているスタッフのみんなは心の底で これで終わるはずがない!

と見抜いていたのかも・・・

壁塗りだけで お~わろ!と

それで終わるはずのない自分の性格を

一番分かっていなかったのは 私だったのかも・・

この頃の会話は

「私たちって YDK やればできる娘(こ)かも!」 なんて まだまだ平和なものでした

娘(こ)だなんて あつかましっ

ガーデニングだってお手のもの  イメージはナチュラルガーデン

レンガでアプローチを作って お庭も・・・

みんなのセンスが光ります

ん~ 美しいっ

小雨の中での作業 お疲れさまでした どうか枯れませんように

駐車場側のドアもかわいくペインティング!   看板は業者さんに取り付けてもらいました

 

この頃から どうも雲行きが怪しくなってきました

お店で使うテーブルやイス

気に入ったものがなかなか見つからなくて・・・

自分たちで作っちゃうかぁ~? という

恐ろしい考えが ふっと頭をよぎるようになってしまったのです

だって! 真っ白な壁に 店内一杯に差し込む陽の光

ドアを開けてみると 小路風の可愛いアプローチと小花たち

白色にグリーンの お洒落なドア

こんなにお気に入りが揃ってしまうと もう妥協なんてできません!

なにがなんでも お気に入りのカフェを作ってしまいたい!

 

みんな 最初の「筋肉痛にならない程度に~」

のくだりは覚えているのかなぁ・・・

もう勘弁してよ! って思っているのかなぁ・・・

みんなに聞いてみたいけど・・・

覚えてる!」って返ってきたら怖いしなぁ・・・

気づかないふりして・・・

「次は ベンチ型のイスを作ろうと思うんだけど」・・・

ほんと みんな有り難う

何も言わずに全力で手伝ってくれて 本当に感謝しています

切って・サンダーかけて・塗って・塗って・塗って・組み立てて・・・      完成で~す!

 

このベンチ型のイス 案外優れものなんです

 

座面を開けると 収納スペースになっています

このイス お店の二階に設置してありますので お荷物入れにお使いください

ゴールデンウイークに入ったので スタッフは少し休憩です

私一人で 黙々と作った キッズ用のキッチンと本棚です

お店の二階にある キッズコーナーです

お子様とご一緒の際は 是非ご利用ください

お店の真ん中にドカ~ンと設置された

足場板を使った12人用のテーブルと可愛いイスは

奈良県の「カワセミ工房」さんに作っていただきました

味のあるこの色艶に一目惚れして

オーダーメイドでお願いしました

本当に素敵なんです

圧倒的な存在感が 本当に素敵だったんです

・・・悩みに悩んで・・二年間・・迷いに迷って・・・

カットすることにしました

男前だった存在感たっぷりのテーブルが

新たな魅力を放って大活躍してくれています

 

ゴールデンウイークも終わり またまた 大工三昧の日々が始まりました

次は 二階です

階段あがってすぐの何もなかったスペースに 倉庫を作ることにしました

ほぼ完成です (完成した写真を撮り忘れていました)

厨房は 工務店さんに作っていただきました

やっぱり プロの仕事は違います

一ミリ単位の仕事です

寸分の狂いも許さない 完璧な職人技に感動します

この頃の私は すっかり大工仕事にはまってしまって・・・

この1㎜の狂いも許さない 職人さんの姿勢に魅了されて・・・

弟子にしてもらおうかな?

なんて 本気で考えてしまいそうになっていました

でもでも 私たちだって負けていません

1㎜の狂いも許さない なんて 超人的なことはできませんが

2㎜、3㎜の狂いはごまかせる!

技を身につけることが できるようになりました・・・

というか・・・

5㎜までなら まっ、いいかぁ~ で済ますことのできる

図太さを身につけることができました

そんなこんなで 気づくと もう5月も終わりです

最初の予定では ゴールデンウイーク前に オープン予定だったのに・・・

予定より ひと月遅れて まだ 終わりが見えません

いつ頃オープンできるのやら・・・とにかく 頑張ります

厨房が完成したので 厨房手前のカフェコーナーの製作です

グリーンを飾ってみました

ん~ 可愛すぎる!

実は・・・

枠を組み立てているとき あまりの無茶さ加減に

その時 現場にいた電気工事の業者さんが 見るに見かねて 助けてくださいました

電気屋さん曰く 「こんな組み立て方 初めて見た」って

フフフ 無知って強いですね

​本当に 有り難うございました

あともう少し!  ようやく終わりが見えてきました

次は 二階のテーブルたち

この頃になると もうみんなすっかり大工仕事が本職です

電動工具の音も軽快に 早い早い!

ビスの打ち方なんて見事なものです

「私たちって YDK! やればできる娘(こ)」なんて言っていたころが初々しい

今や会話も

「もしかして 家一軒くらい建てられるんちがう?」

なんてたいそうなことに

・・・・・ねぇ みんな・・・・・

ここはカフェだって 覚えてる?

ごはん作るのが本職のはずだけど・・・・・

まっ いっか~

どうしたらいいのか分からず みんなで悩んで悩んで 悩んだ末にやってみたら

これが 思った以上に いい感じに出来上がった 2作品です

これ どこだかわかりますか?

階段のところです

 

吹き抜けを見上げてみると・・・

 

最後に お店の前に 大きな看板を作りました!

セメントで固定した 木製の看板に

漆喰で文字をペタペタ 粘土のように作った お気に入りです

こうして 3か月をかけて ようやく完成しました

そんなカフェにしたくて始めた PonoPono づくり

大好きな仲間に助けられて

わがまま一杯のカフェが出来上がりました

 

大きな窓から差し込む 優しい陽射し・・・

ゆっくりっと流れる 静かな時間・・・

心地よいBGMと 少し甘めのキャラメルマキアート・・・

 

みんなの理解と 優しさと センスと アドバイスと

そして 筋肉痛がなければ

絶対完成させることができなかった

最高の場所です

心の底から感謝しています

本当に有り難うございました

そして これからも こんなポノポノを宜しくお願いいたします

 

 

CONTACT

滋賀県草津市追分南4-5-3

 

メール Info@cafe-ponopono.com

HP      www.cafe-ponopono.site

​TEL         077-516-4828

© 2023 by  THE PUB. Proudly created with Wix.com

FIND​ US

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now